■無料メールマガジン会員さま募集中です。

2011年06月05日

捨て猫ちゃん詳細

しいたけです。
実は私がブログを書くのは久しぶりです。

捨て猫の犯人がココを見てたら個人的に申し上げたいことがあります。

捨て猫ちゃんたち

現在、警察に本格的な捜査をお願いしているところです。
おおごとになる前にお店か警察に名乗り出て示談に応じてください。

完全に警察の手に渡ると私どもの意思では途中で捜査を打ち切れません。捕まって取り返しがつかなくなるのはあなたです。

過去の証拠もすべて取ってあります。
あなたが残した箱、手紙。指紋、筆跡。
あなたが捕まった際に今までのすべての罪を償ってもらうとともに莫大な賠償金も請求し、法的、社会的な制裁も受けていただきます。

いつまでも見つからない、捕まらないと思ったら大間違いです。

ただ、ご自分から名乗り出てくれればこちらの心象はかなり違います。
きちんと話をさせてもらうために いつでもいいので連絡をください。
メールでも電話でも構いません。

cat@nekonoheya-amaenbou.com
072-683-7252


さて、捨て猫ちゃんたちの近況です。

捨て猫ちゃんたち

性格は人懐こく、こうして5匹なかよくしています。
血液検査(6月下旬予定です)が済み、何もなければお店へ連れてきて本格的に里親探しとなります。

しかしありがたいことに積極的に「飼いたい」というお問い合わせもすでにあります。
興味のある方は気軽に問い合わせください。

まだお店には来てませんし会ってもらってもいないのにたいへんありがたいです…
こちらも、できる限りのしつけをしているところです。

とりあえず「捨て猫ちゃん」と呼ぶのもかわいそうなので仮の名前をつけました。

メルモちゃん

メルモちゃん。メス。
胸に白い毛のワンポイント。顔が丸い。

レオ君

レオ君。オス。
顔が細く目が青い。

アトム君

アトム君。オス。
一番体がおおきい。

リボンちゃん

リボンちゃん。メス。
しっぽが他の子より長め。

ピノちゃん

ピノちゃん。メス。
一番小さいけど一番気が強い。

ご覧のとおり、ピノちゃん以外はほとんど見分けがつかないのでリボンで見分けている状態です。

なお、体重は600〜700g程度。ラグ君の10分の1以下ですね。
また詳しいことがわかり次第お伝えしたいと思います
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 18:30| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

捨て猫の手紙公開、猫の状態、捜査の状況など

たくさんの方がツイッターやブログでリンクしていただいたこともあり、ブログのアクセス数も増えました。
ありがとうございます。
ただ、有益な情報はあまりありません。

あれから数日経ちまして、手紙の内容を公開したいと思います。
漢字の間違いも含めて一字一句そのままです。
手紙をそのまま公開しない理由は、文字をまねて猫を捨てられることを防ぐためです。
素人目に見てもかなりくせのある字でして、今までの手紙とも同じことがわかりますし、かなり年配の方が書く字であると思われます。

-----------------------------------------------------------
前略
いつもすみません。今回も良ろしくお願い致します。

この子達、来店されたお客様に差し上げていただくか、お店のマスコットにでもなればと思いお届け致します。
トイレは砂の上でしますし人になれています。

食事は今湿らせた物をあげています。

当分のエサ代として少額ですが同封します。
どうぞよろしくお願い致します。

 茨木 遠藤

又お店に寄らせて頂きます。

------------------------------------------------------------

「お届け」という言葉を使っているのが信じられませんが、本気なんでしょう。
おそらくお店にとってプラスになる、悪いことではないと思ってやってますし、だからこそ今後も続くだろうと考えられます。
文章から察するに、ほかのお店では駄目で、異常な執着と愛着を持って当店を狙って捨てに来ているように感じます。
本当に迷惑です。

極めつけは最後の一文です。
混乱させるためなのかもしれませんが、それ以外の文章も含めて本気であるならば、本当に怖いとしか言いようがありません。


次に、子猫たちの状態について。
すでにお知らせしたとおり、5匹でした。
オス2匹、メス3匹、生後2か月くらいといったところです。

P1010427.JPG

上の写真には1匹いませんが、グレーが4匹で、1匹はシャムのような毛色です。
去年とほぼ同じです。

最初のブログにはあえて保健所に連れていく可能性もあると書きましたが、やはり保護した以上はできないので、また飼い主を探すつもりです。
今後は、1か月程度してから血液検査とワクチンをします。
1か月してから血液検査をするのは、それくらい経たないと確実に病気がないかわからないためです。
そのため、今は店長の実家で保護しています。

P1010396.JPG

見分けがつかないのでリボンつけてます。
昨日健康診断をしてきたのですが、健康に不安はなし、ただし便に回虫の卵がいたようです。
これは薬をあげればすぐに治るのでさほど問題はないのですが、あえて問題があるとすれば駆虫薬は高いのでこれだけでお金がかなりかかることでしょうか。。。
今回も医療費だけで10万円コースですよ。

P1010368.JPG

そして、警察について。
正直なところ警察も去年まではあまり乗り気ではありませんでした。
調書だけとって捜査はなし。
そもそも犯罪だという認定さえほぼされてませんでした。

しかし、今回はすでに同一人物によるものだけで4回目ということもあって、さすがに継続性もありますし、管轄の違う警察で同じようなことがなかったかなどの確認も取ってもらったりしています。
本格的にはこれからなのですが、少し期待をしています。

場合によっては、近隣とのトラブルなどもあったかもしれませんし、そういったことから見つかればと思います。


それと、お店前の横断歩道にある防犯カメラ。
映像が証拠として残ってないか確認しています。
近隣のお店にもあればとは思うのですが、経路的には車でお店の前につけて捨てにきたと思われますし、他は期待できなさそうです。


今のところはこんなものです。
今後も、情報は求めていきますし、どんどん拡散してください。
前のブログ等にも書きましたが、
@怪しい人を見たという情報
A近隣で、猫を飼っていて子猫が生まれたはずなのにある時期を境にいなくなったといった情報
B茨木や高槻などで同じように捨てられていたのを聞いた

など、どんな些細なことでも構いませんので、お店までお知らせください。
cat@nekonoheya-amaenbou.com
*@を小文字にしてください

お店にお電話いただいても大丈夫です。
よろしくお願いします。


最後に。
お店は今日は定休日でお休みしましたが、休むことなく、普段と変わらず営業しています。
ブログやツイッターには捨て猫のことばかり書かざるをえませんし、そのためお店も暗くなっている印象を持たれるかもしれませんが、スタッフもいつも通り接客してくれています。もちろん猫もいつも通り。

ですから、ぜひご来店ください。
たくさんのお客さまがお店に来ていただき、楽しむ姿を見ることがスタッフにとって一番の励みになります。
応援よろしくお願いします。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 21:30| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

捨て猫についての情報のまとめ

犯人の情報のまとめです

○茨木在住の遠藤
ただし、偽名の可能性もあります。

○猫を捨てたのは16時5分〜20分の間
お客さまの目撃証言から、わずか15分間の間に捨てられたということがわかりました。

○猫を当店だけで4回捨てている
07年、09年、10年、11年です。
去年についてはあえて公表せずに飼い主さんを探したという経緯があります。(無事にみつかっています)
猫の安否もわからないのでもう捨てに来なくなるかもしれないと期待しましたが、残念な結果になりました。

○お店に来たことがある
捨て猫を警戒していたことを知っていたこと、手紙の内容などから最低何度か来ていると思われます。


ほしい情報は以下になります。

○段ボールの目撃証言
駅前で人通りは少なくありません。
16時頃に下の写真の段ボールを持った人を見たという方がおられたらご連絡ください。

P1050046.JPG

○茨木の遠藤という名前に覚えがある方
去年も同じ名前でした。本当かわかりませんし、住所も嘘の可能性があります。
しかし、名前がどうあれ猫を飼っていて、定期的に子猫が生まれているにも関わらずいつのまにかいなくなっているような人を知っていたらお店にご連絡ください。

○他の場所で猫が捨てられていた
推測ですが、うち以外にも捨てている可能性がゼロではないと思うので、ペットショップや動物病院などで同じような捨て方をされていたというのを聞いたという方からの情報もお待ちしています。


情報がほしいので、ご協力お願いします。


また、そのほかの情報ですが、明日改めて高槻警察に伺います。
もちろん、捨てられた日にスタッフが行ったのですが、きちんと対応をしてもらえたとは言い難く、調書も取ってもらえなかったからです。
それについては対策もとりましたので、動物遺棄と威力業務妨害で被害届をだしてきます。

それとは別に、知り合いのマスコミの方にもお願いするつもりです。
難しいかもしれませんし、どういった方向になるかは検討中ですが、動かないよりは後悔しませんしやるだけやってみます。



警察、マスコミを動かすのは僕一人よりも、皆さまのお力があればと思います。
ツイッターやブログ、なんでもいいのでどんどん情報を拡散、気になることがあればお店にご連絡していただければと思います。
よろしくお願いします。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 01:06| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

猫が捨てられました。

今日、26日(木)の16時20分以前に子猫が5匹捨てられました
ビルの1階と2階の階段の途中に捨てられていました。
スタッフが警戒していることを知ってでしょう。

手紙を読むと以前から何度もお店に捨てている人物に間違いないありません。
そして、腹が立つことに、うちの客であり、またお店に来るとまで書いています。

とりあえず子猫は保護しています。
ただし、それは一時的であり、名乗りでない場合は保健所に連れていくことも検討しています。
客であるならばここも見ているでしょうし、すぐに連絡してください。


期待はしますが、名乗り出ないであろうと思いますし、だからと言って命を粗末にする犯人は許せませんので、本格的に犯人を探します。
ツイッターでもこのことを書きました。
皆さんRTしてください。
フォロワーにもおねがいしてください。
ブロガーはぜひ書いてください。
mixiでもどんどん書いてください。

本当かわかりませんが、茨木市に住んでいる遠藤と名乗っています。
心当たりがある方は、お店までご連絡ください。
もちろん、匿名で大丈夫です。



正直、客の可能性は考えていましたが、本当にそうとなると、悲しいですね。
これからどうやってやってけばいいのかわかりませんよ。

ましてや猫を捨てた人物の手紙を読むと、捨てたというよりもお店のために猫をプレゼントとしたと言う内容です。
自分には想像もつかないような人っているんですね。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 18:49| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

猫が捨てられました。

一昨日の深夜から朝方にかけて、当店のビルが入った1階部分に猫が捨てられていました。
ご丁寧にうちを名指しです。


朝にスタッフが出勤した際に発見しまして、またかと思いながらお店に向かったのですが、その際に箱が動かず鳴き声も全然しないため死んでいると思い怖くて開けてないと電話で言われました。

お店に着くとすぐにダンボールを開けて確認したのですが、いません。
どうやら夜のうちに脱走したようです。
ダンボールの持ち手の部分を噛んで穴を広げてありましたし、ダンボールの中は猫じゃらしとご飯があったのですが、無茶苦茶。
パニックだったのでしょう。

もうどこかに行ってしまったのか、最悪車にひかれてしまったんじゃないかとか思っていたんです。
それが、夜になって急に鳴き声が聞こえるんですよ。
それもすぐ近くで。
どうやらうちと隣のビルの間で鳴いているようでした。

仕方なく、深夜に保護。
あんなに必死になって鳴く声を聞いてほっとけるような神経じゃありませんし、聞いてしまった以上は助けたいですからね。

4re 027.jpg

その後、ご飯と水をあげたのですが、不安だったからかしばらくはかなり鳴きまして、ただ人間は怖くないようで甘えてきたんですね。
そのうちに落ち着いてきたようでしっかり食べ、抱っこしてもゴロゴロいったり、遊んだりと安心してきたようです。
事態に飽きれながらもこの子かわいいと思ってしまう自分はダメですね。


正直、こんなにかわいくてなつっこい子を捨てる人なんているんですね。
汚い言葉ですが、屑です。
実は、シャンプーやら仔猫のご飯やらが一緒に置かれていたので、飼えなくなって一式捨てたんでしょう。

生後何ヶ月なのかとかの情報もないし、こうやって物扱いできる神経が信じられません。

4re 034.jpg

人間の心があるのであれば気になってココを見に来ているでしょうからあえてはっきり書きますが、一歩間違えば間違いなく死んでいたでしょう。
つまり捨てた人が殺したということです。

なぜならばうちのお店の前はすぐ道路ですし車通りも激しいです。
そんなところに野生でない飼われていた猫がいきなり捨てられてパニックにならないわけもありませんし、ましてや生きていく術など知りません。
無事ではないでしょう。
運が良かっただけです。


お店としては今回また甘いことに、猫を拾ってしまったわけです。
今日は早速病院に連れて行って健康診断をしてきたんですが、どうやら回虫がいるとのこと。
それ以外は毛の艶もいいし、健康だと思います。
まだわかりませんが。

今後は、またいつものようにお店の子たちとは一緒にできませんので、約1ヶ月ほど実家で面倒を見て、それから血液検査したりワクチンしたりとなるわけですね。
それで問題がなければ、お店に連れて来て飼い主を探すという流れになる予定ですが、金銭的・精神的・肉体的負担は相当なものですよ。
気が重いです。


はっきり言って、こんなことがあると本当にお店を続けていく気力が失われます。
何のためにやってるんだって話ですし、お店は閉めたいというのが本当のところです。
猫を捨てる最低な人間のせいで閉めるなんて悔しいですので嫌ですが。

4re 043.jpg

一応注釈ですが、アクリ板を挟んでいるので、店内の猫のところへはいけません。(病気を持っている可能性がある以上、検査が済むまで同室に入れません)
しかし、お互い興味はもっていたようです。
シャルさん、ガン見。


さて。
僕は以前から何度も書いていますが、ペットを飼うことの責任を考えない人が多すぎます。
飼えなくなったからとの理由でうちに相談する人は非常に多いです。
理由を聞けばほとんどは勝手なものです。

もちろん、やむを得ずという場合もありますし、そういうときは仕方ないにしても、飼い主を本気で探すなり、なんとか飼える方法を模索するのが当然。
それさえせずにすぐに捨てるなら飼わないでいただきたい。
そして、猫を捨てるようなときだけうちのお店に頼らないでいただきたいです。


ペットは飼い主を選べません。
人間の都合で飼うわけですから、ペットにとってベストになるような飼い方をするのが義務です。

僕も店の子たちを猫カフェのスタッフとして迎えいれましたが、猫が生き方を選んだわけではありません。
だからこそ、猫カフェのスタッフとして生きるうえでベストな飼い方をしているつもりですし、今後お店を閉めても全員飼う覚悟でやっています。
最近は飼う覚悟もなく、最初から閉めたら譲る気でやっているような人もいますが、プロにそんな人間がいるからいつまで経っても飼い主としてのモラルが育たないんでしょうね。

4re 049.jpg

少し愚痴になりましたが、最後に。
僕自身猫を自分の意思で拾うのはいいんです。
コロン、ミカン、トラとぽんちゃんもそんな感じですからね。

でも、捨てた人の思うつぼなのは腹立たしいです。
そうやって捨てればなんとかあると思ってるだとしたら大間違いですよ。
かわいそうな人です。

猫を捨てるのは犯罪です。
警察には被害届だけはきちんと出しておきますし、捨てた方は名乗り出ることを期待します。
この子をどうするか話したいです。


今日の記事は普段と違い過激な上に、言葉も悪いため大多数の人にとっては不快な部分もあるとは思いますが、捨て猫は何度も起きていることで2度と起きてほしくないことですし、ご理解いただければと思います。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 17:41| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

捨て猫たちがお店に来ました。

店長です。
捨て猫たちを引き取ってから約4週間が過ぎ、血液検査ができる状態になったので、今日の朝に血液検査とワクチンをしてきました。

結果は陰性。
一安心です。
何人かの方に飼い主さんになっても良いとメールをいただいたのですが、やはり病気があっては話が変わってきます。

子猫

また、これで主だった伝染性の病気にはかかっていないことが確認できましたので、お店に連れて来ることになりました。
やはり家で面倒を見るのにも限界がありますし、飼い主さんの候補の方たちが猫たちを選んでもらうにも、見てもらわないことには話が進みません。

子猫

まだ全員の飼い主さんが見つかった状態ではありませんし、そもそも5匹全員分の手が挙がっているとはいえないので、今後興味がおありの方はメールか電話、直接でも構いませんので、ご連絡ください。

外見や性格などの詳しいことはまた後日改めて書きますね。
こちらも把握してないこともまだありますので、わかり次第書いていきます。

子猫

子猫たちですが、しばらくはケージで様子を見て、その後教育をしつつ順次飼い主さんが見つかった子から引渡しをしていく予定です。
しばらくの間ですが、かわいがっていただきますようお願いします。

ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 12:28| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

捨て猫の近況。

取り急ぎ、ご心配いただいている子猫の近況をお知らせします。
みんな元気です。
といっても血液検査などができるのが2週間ほど先になるので、まだ表向きしかわからない状態です。

現在、ありがたいことに数件、里親さんのお話もいただいております。

本来、こういったことは我々の仕事の範囲ではなく、各所への連絡、対処などで時間をとられてしまうことはご来店いただいているお客様へのサービスの低下につながりかねません。
非常に申し訳なく思っています。
製作物、イベントの案内等も遅れているのが実情です。

また たいへんありがたいのですが、ご心配や励ましのメールに関しましては返信する我々も今は手いっぱいです。
お察しの上、ご遠慮いただけるようお願い申し上げます。
もちろん必要なご質問やお問い合わせについては、こちらも理解しておりますので、気にせずお送りください。

ぜひご来店いただいて、直接聞いていただいたり、様子を見ていただくことでご容赦ください。

子猫

さて。
お店として具体的な再犯防止策を練りました。

●防犯カメラ設置
当店だけの判断では不可能なこともあり、当店の「監視カメラ」ではなく、ここのビルのオーナー様に「防犯カメラ」の設置と、張り紙などをお願いしたいと思っております。

●2階踊り場部分を通ったときにチャイムで知らせる
これは防犯もありますが、お客様がいらした際、店内に居る我々も事前に知ることができ、よりすばやい準備をすることができるので近日実施します。

●ダンボール箱の持込を禁止します。
再犯防止のため、よろしくご理解お願いいたします。

●近隣のお店さんにも見張り(?)をお願いしています。
やはりあやしいダンボール箱や不審な人は目立ちますから、そういう人がいたら連絡をいただけるようお願いしてあります。

●階段部分に大きな鏡を設置
こちらは具体的に決まっていませんが、死角を減らすためでもあります。

●捨て猫は犯罪です。というポスター
昨日から貼っています。当店で発見しだい警察に通報し、動物保護法で罰金50万など記載してあります。

子猫

子猫

難しいのは当店に訪れる方の99.9%が犯人ではないという点。
不快な思いをする人が一人でも居てはいけないと思うと、なかなか思い切ったことができないこともあります。
あまり厳しい対策とは言えないかもしれませんが、ご理解いただければと思います。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 17:11| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

捨て猫たちのその後。

店長です。
何件か問い合わせがあったので、近況について書かせていただきます。


まず、捨て猫を防ぐための対策については、ただ単に予防策を取るのではなく、お客さんに不快感を与えることなく、お店としてもサービスの質をあげれるようにします。
バランスが難しい問題ですし、厳しくした方がいいという意見もあるかと思いますが、初めてお店に行こうという方からしたら過剰な注意喚起はしんどいかと思います。
ご理解いただければ幸いです。



そして、捨てられた5匹の猫ですが、元気に生活しています。
保健所に連れて行ったのではないかと心配される方もおられたのですが、それはできません。
まだ血液検査やワクチンができないため、6月まで実家で面倒を見てもらっています。

あくまで僕の考えとしては、こんなことがありはしましたが、見捨てるつもりはありません。
これは以前から変わらないです。
それをするならペットの仕事をする資格も、猫カフェをやる資格もありません。

癒しを提供しつつ、猫好きを増やそうとしているお店ですからどんな理由があろうとも自分のお店の猫だけでなく、関わった猫たちには幸せになってもらえるようにするのが当然だと思っています。
甘いかもしれませんが、この方針を変えるつもりは全くありません。
もちろん全ての猫をというのは無理ですから、関わったという言葉を使わせていただきました。


今後の予定としては、6月に検査をしてから、問題なければお店に連れて来て、教育した後にそれぞれの飼い主のもとへと行く予定です。
幸いにも何人かのお客さんや知り合いの方にお声をいただき、飼い主になってくれそうな方がおられます。
全員が見つかってるとは言えない状況ですが、大変嬉しく思っています。

だからと言って、簡単に飼い主さんが見つかったわけでもありませんし、お店が何の努力もしなかったわけではありません。
もちろん世話や病院に連れて行くといったことについてもです。
こんな状況ですから、新規のお客さんはかなり少なくなっている状態で、売上も減少しました。
そして、精神的な負担も軽くはないです。

それだけのことをした人は決して許されないことをしたわけですし、
犯罪を犯したわけです。
僕は絶対に許しません。
そこだけは甘くないです。

またやろうなんて思わせないように、するべきことはきっちりします。



最後に。
お店は今後も続けていきます。
今いる子たちが引退するまでやることを前提にして将来設計をしているので、今辞めるわけにはいきません。

ですが、こういったことが続けばそれも無理になります。
対策はとりますが、捨てる人がいなくなればいいことなんです。
捨てた人は楽になるかもしれませんが、それだけでは済まない問題だということを理解し、決してしないようにしてください。


応援してくださる皆さんも動物を捨てることは犯罪であることを世に広めてほしいと思っています。

ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 17:18| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

連絡はありません。

店長です。
毎日のように固い文章で申し訳ないです。


やはりと言うか捨てていった人からは今のところ連絡はありません。

警察に届け出たこともありますし、もし捨てた人が連絡してこず見つかった場合、厳しい言葉ですが、どうなっても知りません。

具体的には、動物愛護法により動物遺棄は50万円以下の罰金に処されます。
また、営業妨害とも言えるこのようなことをすると、刑法の威力業務妨害罪にあたり、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。


悪びれていない感じでしたが、動物を遺棄することは犯罪です。
これだけ世間でも言われているご時勢にすること自体信じられませんが、こんな人でも動物を飼ってることに憤りを覚えます。
おそらく皆さん同じ意見を持たれていることかと思います。

P1030828.jpg

以前も書いたように、避妊去勢というものを肯定する気はありません。
やはりかわいそうなことでもありますし、しないで済むならしたくありません。
ですが、生まれることがわかっていて、でも生まれてくる子を飼うことができない、捨ててしまうくらいなら手術させるべきです。
それができないならペットを飼わないことです。


僕は生まれてからほぼずっと猫を飼っています。
全て避妊去勢してきました。
野良猫も見つければそうしてきました。
それは両親がしてきたことであり、それが当たり前だと思っています。

それは不幸になる猫を増やさないためでもあり、せめて自分たちにできることがそれくらいだと理解しているからです。

P1030832.jpg

今回、お店を閉めることも考えていると書きましたが、これは僕個人のことだけで考えて発しているのではありません。
確かに僕としては毎日ダンボール箱が置かれていないか不安ですし、怖いです。
たまたま2年の間隔が空いていたとは言え、もしかしたら今日にでもまた捨てられるかもしれません。

でもそれ以上に困るのが猫の世話です。
病気の有無がわからない以上、お店の猫と一緒にはできません。
ですが、僕はペット不可の家に住んでいます。

そうなると、毎回実家に連れて帰るのですが、実家には介護の必要な犬を含めて犬が3匹に猫が2匹います。

スペース的な問題もありますが、経済的な負担と世話をするという肉体的な負担は全て両親に任せてしまうことになります。
今日も病院に連れて行ってもらってますが、混んでることもあり、1時間半待ちだったようです。
しかも血液検査はどんな環境で過ごしたかわからないこともあって、もうしばらくできません。
かなり申し訳ないです。

最近はもっけちゃんも毎週病院通いですし、週に2回は動物病院に連れて行ってます。
今回のことでさらに増えそうです。


ただでさえ、お店の猫たちに何かあったときは車で病院に連れて行ってもらったり、預かって世話してもらっているのに、今回のような捨て猫があるたびにその負担を増やすのは僕としてはしんどいです。

だからお店を続けるということに迷いがでます。

P1030835.jpg

このような文章は書きたくないですし、書くべきでないこともわかっていますが、心情を少しでも理解していただきたいと思い書きました。
お店は猫が好きな人を増やしたいと思いやっています。
それなのに猫が好きな人を利用するような場所になるのであればお店の存在意義から見直さなければいけません。
悲しいことですが、それではお店はやっていけません。


もちろん僕は続けたいと思っています。
ですが、このままでは続けていくことができなくなります。

P1030837.jpg

最後に。
ミクシーやお店の掲示板にはたくさんの方に応援と共感のコメントをいただきました。
お店に来て言って下さる方もいました。

本当にありがとうございます。


そういった方たちに支えられていることも改めて感じています。
元気がでます。


僕はこのお店が世の中にどうしても必要だなんて大それたことは言いません。
ですが、必要としてくれている方がいるのも事実ですし、応えたいと思っています。


そして、今回の騒動のことについては、どういった方針で進めていくか決まっておりません。
ですから里親を募集していると言うことは公にしないでいただきたいと思います。
もうしばらく検討して、発表したいと思います。

ただ、事実は事実ですので、猫カフェに猫が捨てられていたということや2回目であること、捨てた人はおそらく同一人物で、同じコトを繰り返すような人物であることは書いていただいて構いません。
こういった人は許すべきではありませんし、模倣犯が出ても困るので世に悪いことだと知らしめる必要があると思いますので。


それでは、今日はこれくらいで終わります。
こんな文章ばかりで申し訳ないのですが、お店は変わらずこの話題はしないようにしていますので、ぜひ遊びにいらしてください。
つくしちゃんも毎日元気にしていますよ。


店長 石川隆久
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 17:31| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

緊急事態です。

今日の16時半〜17時にかけての間にお店の入り口前に猫が入れられたダンボールが置かれていました。
中には生後3か月くらいと思われる子猫が5匹と、非常に無責任な手紙だけが置いてありました。

子猫たち

知っている方もおられると思いますが、2年前にもあったので今回で2回目です。
しかも文面から察するに同一人物かと思われます。


前回はしなかったのですが、悪質ですし、常習性もあると判断して、動物遺棄と営業妨害として警察に届けました。
調査もしてもらっています。

現在捨てた人の情報を集めています。
どんな小さなことでも構いませんので、心当たりがある方はお店まで教えていただければと思います。

P1030827.JPG


捨てた人はこの記事を見ているでしょうか?
お店に連絡してもらって話し合いの場をもてるなら、警察の届出を取り下げますのでご連絡ください。


やはり僕としては許せないことだと思いますし、信じられません。

2年前に子猫が生まれてしまって、捨てるような無責任なことをしておきながら再び繰り返すこと自体に非常に憤りを感じていますし、こういったことを何度も繰り返すのではないかと不安になっています。

2年前に捨て猫の問題があったとき、もう一度同じことが起きたらお店は閉めるつもりでした。
実際起こってしまって、非常に困っています。
閉めるかもしれません。

楽しみに来られるお客様がおられますし、もちろん明日もきちんと営業しますが、それどころではないというのも事実です。

子猫

子猫の様子を見たところ、目やにが出てはいますが、健康状態はそれほど悪くはありません。
ただ、病気の有無は調べてみないとわかりませんし、それまではお店の猫たちとは一緒にできません。

それまでの間、実家で面倒を見なければいけませんが、それも難しい。



最後に、手紙を掲載しておきます。
かなり勝手な上、反省はまったく見られませんし、またこういうことがあればしそうな文面です。


『前略 いつもすみません

この子達お客様に差し上げてください。
またケージに入れてプライスを付けた方が
早く出てしまうかも。
親たちは二匹で白のペルシャメス
       アメリカンショートヘアメスです。
当分のエサ代として2000円入れときます。
どうぞよろしくお願いします。』


猫にとってもいいことは一つもありませんし、すぐにお店に連絡するようお願いします。

店長 石川隆久
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 22:40| 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

チョビ君とウリ君がもらわれていきました。

3時頃に2匹とも里親さんに引き取られていきました。
寂しいな〜

チョビ

ウリとセナとミカン

ウリとチョビ

懐いてたんですけどね。
まぁ〜2匹とも個性豊かに、いい子に育ちましたし良かったです。
これからも幸せに飼ってもらえることでしょう。

セナ君も2匹をキャリーケースに入れたとき、じーっと見ていました。
何か感じたのかもしれません。


さて、今回の騒動について。
捨てていった方はブログ見てるかわかりませんが、結果だけ見ればきちんと里親が見つかり、幸せになったかもしれません。
でもお店としては閉めることも考えたりとまぁ〜大変でした。
子猫はかわいいけど、2度とご免です、こんなこと。


今でもたまに里親募集のチラシを貼ってくれるか?と言った問い合わせがよくあります。
チラシを貼る事は可能です。
でも預かることはできません。
それをすると、次から次へと来られるでしょうし、お店として成り立たなくなるからです。
責任も持てなくなっていくでしょうし。

ただ、猫を飼おうと思って参考に来られる方は多いですし、ぜひ里親を探しておられる方はご相談ください。
詳細がわかればこちらも里親になってくれそうな人を探しやすいですから。
いきなり捨てていくといった行為は犯罪でもありますし、絶対しないでください。


今回、4匹の子猫たちは飼い主の不注意で生まれてしまった子達だと思われます。
避妊・去勢手術をすれば防げたはずなのに、遅れてしまったのか、する気がなかったのかで生まれてしまい、飼えないから捨てた。
こんな感じだと思います。

僕は避妊・去勢に関して、否定も肯定もしません。
確かに、猫にとってはかわいそうなことだと思いますから。
でも、生まれたときに飼えずに捨てるなら手術はするべきだと考えています。
でないともっとかわいそうなことになります。
おそらく、手術しておけば今回のようなことは防げたはずですからね。


色々書きたいこともありますが、ブログはお店の雰囲気を伝えたり、猫の様子を写真や動画で伝えることが目的です。
これ以上あれこれ言いたくないです。
ただ、2度と起きてほしくないので書きました。


最後に。2ヶ月近く子猫たちをお店に連れてきている間、たくさんの方にかわいがっていただきました。
そして里親募集の際には、たくさんの方が知り合いに聞いたりと力になってくれました。
本当にありがとうございました。
これからもお店を応援していただけたらと思います。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 23:36 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

チョビとウリともそろそろお別れ。

気付けばもう7月30日ですね〜
早いものです。
31日の昼頃には引き取りに来られるということなので、実質あと1日ちょっとでお別れなんですよ。
寂しいですね。。。


細かい話は、また引き取られてからゆっくり書こうと思うのですが、お店の前に捨てられたときからすでに3ヶ月近く経ちます。
フー君とうまくいかなかったりした頃が懐かしいですよ。
今ではすっかり仲良しですが。


ウリとチョビ

こんな姿ももう見れなくなるんですね〜

ウリとチョビ

セナとウリ

セナ君もきっと寂しいでしょうね。


セナとチビッ子

チョビもウリも慕っていたようですし。
シャル君も何気に面倒見てたな〜
意外と。


とは言うものの、ウリもチョビも新しい家に行ったらすぐにそっちになじんで忘れるんでしょうね(笑)
新しい家にはすでに2匹の猫がいますし遊び相手には困りませんからね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 03:22 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

名前が決まりました!

チョビ&ウリ

子猫の名前がついに決まりました。
里親さんがかわいい名前をつけてくれましたよ。


チョビ

チョビです。
チョビ髭から来てます、たぶん。
それにしても寄り目すぎです。

ウリ

ウリ坊です。
ウリって呼んであげてください。

昨日の記事でも書きましたが、この子達は里親さんの都合で7月末までお預かりします。
残り1ヶ月ちょっとですが、かわいがってくださいね。


それと、閉店後にフー君を連れて来ました。

フー君

早速見覚えのないキャットハウスを見つけてにおいをチェック。
子猫も2匹になって少しは落ち着いたはずですし、仲良くできるといいんですけどね〜

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 22:28 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

子猫2匹目がもらわれてゆきました。

本日の夕方、2匹目の里親になってくださる方が 迎えにきてくれました。

子猫2

新しいご主人は、おまえのために禁煙するって言ってくれてるぞ〜。
大事にしてくれる人でよかったね。

お店を出てちょうど一時間後、無事に家に到着しましたという連絡がありました。すでに新しい生活が始まっているようです。

トラちゃんと4匹の子猫

時には4匹の子猫と寝てたトラちゃんも、物足りなくなったかな?

残り2匹は7月末ごろまで居ます。
引き続き かわいがってあげてください。


マルちゃんとシャルくん

「マルなのー。アパート借りたのー。
 いきなり天井が落ちてきたのー。ボロアパートなのー」

 届いたキャットフードの箱に穴をあけたら なぜかマルちゃんが独占。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム シイタケ(猫カフェ店員) at 19:08 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

子猫一匹もらわれてゆきました。。。

子猫の一匹が 本日、やさしい里親さんのもとへ行きました。

子猫ちゃん

一番食べるし、遊びだすと周りが見えなくなって とってもやんちゃな子でした。
飼い主さんの言うことをよく聞いて、かわいがってもらうんだよ。


そんな子猫たちは なぜかトラちゃんになついてしまったようで

トラちゃんママ

「ちょっと何なのこの子たち!!」

 トラちゃんはかなり迷惑そうなんですが、おかまい無しで熟睡です。
 なかなかほほえましい絵ですよ、トラちゃん!

 今日のシャルくん。

シャルくん

新しいお城を手に入れたのさ。
お客さんの猫ちゃんが気に入らなかったものを ありがたくいただいたのさ。
ふかふかゴージャスな肌触りがまたグーなのさ。

高貴な城を持つのは男のロマンなのさ!!!

シャルくんとメルヘン城

「まあ、ちょっとメルヘンな城なのさ…」

 ぷぷぷ。。たいした男のロマンですこと

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム シイタケ(猫カフェ店員) at 20:05 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

子猫がお店にやって来ました。

ワクチンも血液検査も無事に終えたので、ついにお店に連れてきました。
ケージから出すと早速みんなして見に来ましたよ。

猫

猫

猫


そう言えばちゃんと書いたことがなかったので、4匹のプロフィールを簡単に紹介しておきますね。
大きい順に書きます。

子猫

鼻の下にブチがあるちょっとおもしろい顔です。
唯一しっぽが曲がっています。
靴下が好きです。


子猫

子猫

この2匹はよく似ているのですが、背中に白い筋があるかどうかで見分けてください。
2匹ともかなりやんちゃです。


子猫

4匹の中で紅一点。
少しビビリですが遊びだすとすごいです。


さて。
今日から泊まりで様子を見て特に問題がなければ里親にお渡しするまでお店で生活することになります。
しばらくは慣れていないこともあってケージに入れておくことも多いと思います。
また、子猫なので遊び方が激しいので気をつけてください。
すぐに引き取られる子もいますし、それほど長い間ではありませんが、かわいがってあげくださいね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 23:08 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

里親が見つかりました。

よく聞かれるのと、問い合わせがあることからこちらでも書きますが、4匹の里親が見つかりました。
とは言ってもまだ仮です。

と言うのもやはり一度見てもらった上で簡単な面談もしたいのでまだ正式に決まったわけではないのです。
それでも貰ってくれる人が出たことは非常にありがたい話です。


子猫

子猫

まだきちんとした形で里親を募集していないにも関わらず、里親が見つかったことで簡単に見つかったと思われるかもしれません。
ですが、現実はそんなことないです。
このブログを読んでおられる方はたくさんおられます。
そして見た方は知り合いに聞いたりする方もいるでしょう。
そうなるとかなりの方が飼えるかどうかを少なからず検討したと考えられます。

それでも4匹の里親が見つかるまでは時間がかかりました。
何よりタイミングが良かったんだと思います。
ちょうど飼おうと思っていたときに今回のことを知り、できれば子猫を助けたいという気持ちが起きたから里親になることを決めてくれた方がいます。
ですが、タイミングが悪ければ誰も飼える状況になかったかもしれません。

それだけ猫を飼うと言うのは色々難しいことだと思います。
マンションであれば飼えませんし、すでにペットを飼っておられる場合も無理かもしれません。
ですから里親募集のサイトを見ても貰ってくださいの数の方が遥かに多いのだと思います。


mixiでは書きましたが、今いる子達はいつかお店を引退(なんとなく引退という言葉は適切でないような気がしますが他に表現する言葉がないのでこう書きます)するでしょう。
それは10年後かもしれませんし、1年後かもしれません。
実際、シャル君が一度足を痛めたときは痛々しくかわいそうなので引退させることも考えました。
ほぼ完治してそうに見える今もまた外れやしないかと心配しっぱなしです。
当の本人は完全に忘れて飛び回ってるんですけどね。

いつ卒業するにしても、お店を閉めるにしてもこの子達の面倒を一生見るつもりですし見なければいけないと思っています。
それがペットを飼うということですからね。


そういうわけなので、自分が将来的に面倒を見れると思う範囲でしか猫を飼えません。
ですから計画的に猫を増やしてきました。
今回はなんとか全てもらわれそうですが、もし1匹も貰われなかったら大変なことになっていたでしょう。
今面倒を見るだけでも病院代など大変な負担なのに、それが将来的にとなると…。
本当に難しいですよね。










どういう理由であれこんなにかわいい子を捨てる人の気持ちは理解できませんね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 23:08 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

子猫を病院に連れて行きました。

昨日ついに血液検査をしてきました。
結果はマイナス。
ホッとしましたよ。

病気があればお店に連れて来ることもできないですし、何よりもらってくれそうな人が何人かいると話しましたが、無理になる場合もありますしね。


ただ、ワクチンはもう少し待った方がいいとのことなので2週間後に連れて行くことになりました。
ですから2週間後に連れて行き、定休日の水曜にお店に連れて来て様子を見つつ、問題がなければお店で里親を探します。

子猫

子猫

子猫

子猫

こんなにかわいい子たちですし早く見つかってくれるといいんですけどね。
ただタイミングもありますし、すぐには難しいかもしれませんが。


mixiで色々意見を募っていると話しましたが、そろそろ何らかの形で対策はとろうと思います。
正直な話、最近はお店に来るときにダンボールが置いてあったらどうしようと恐怖なんですよね。
ただ、できることなら何もしたくないですしそれが当たり前だと思いますが、そうもいかない。
悲しい話ですね。

捨てた人はそこまで考えていないでしょうが、他の猫カフェさんにもお店の経営を考えさせることになったと思います。
こんなことは2度と起こってほしくないですね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 16:53 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

大きくなりました。

一昨日はお店も休みだったので実家に帰って子猫の様子を見てきました。
すっかり大きくなってましたよ。

子猫

子猫

子猫

ちょっとサルっぽい顔だったんですけど、大きくなって猫っぽくなってきました。
かわいい盛りですね。


子猫

よく遊びます。

子猫

子猫

なんにでも興味を持って遊びます。

子猫

どこにでも行きます。

子猫

仲良く遊びます。


それぞれ個性も出てきました。
最初見たときには顔もよくわからなかったのですが、今では見分けがつきます。
元気に育っていますし、あとは病気がないかですね。


さて。
今後の対応についてですが、今のところ6月の頭にでも血液検査と1回目のワクチンをしに行きます。
それで病気やその他の問題もなければお店に連れて行き、里親を募集しようと思います。
病気があればまた家に連れて帰り、病気があっても飼ってもいいと言う人を探します。

どちらにしても預かったからには責任があるのできちんと世話してくれる人に引き取ってもらいますし、もし見つからない場合は責任を持って世話します。
見捨てない、面倒を見る、とはそういうことですから。


幸いなことにすでに何人かの方から引き取りたいとのお話をいただいています。
少し安心しています。
まだ特に募集はしていませんが、もし里親になってもいいとお考えの方はお店でもメールでもいいのでご連絡ください。


今回のことで色々考えさせられました。
経済的な負担も大きいですが、何より今後のお店の運営に関わります。
捨てた人は安易に世話してくれると思ったかもしれませんが、もちろん犯罪ですし、それでは済まない問題もたくさんあります。

世話をすれば、また同じような人が出てくるかもしれないですし、何も言わないで保健所に連れて行ったりすれば一生後悔したでしょう。
お店を続ける資格もないと思います。
かと言って、何も書かないでいれば4匹も面倒を見てくれる人なんて見つからないでしょう。
とにかく葛藤ですね。


まだ解決もしてないですし、これからなのですが、今回のような悲しいことが続けばお店は閉めざるをえません。
そういうことも踏まえてこんなことは止めてほしいと思います。
猫も幸せになれませんからね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 16:45 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

捨て猫の近況。

捨て猫のことでコメントやメールをいただいたり、お店で直接聞いたりとご心配をおかけしています。
どうしているか気になっている方も多いので少しだけ書いておきます。


実は、今週の月曜に早速病院に連れて行ったんです。
血液検査とワクチンだけは済ませないことには色々と心配ですからね。
ついでにトラちゃんも皮膚病っぽかったですし。

で、行ったはいいんですが、困ったことにまだ生後1ヶ月くらいだったんですよね。
見てて大体予想はついてましたが、そこまでか〜って感じです。
小さすぎると血液検査もワクチンもできないんですよ。
ってことで1ヶ月後にまたってことになりました。
最低1ヶ月は家で様子見ですよ。
困ったな〜

トラちゃんは伝染性ではないのでお薬もらってお店で療養しています。
本来は家で療養させたいんですけどね。
場所がないんですよ。
これまた困ったな〜


ついでにどんな子なのか写真も載せておきます。

子猫

こんな感じでダンボールに入ってました。
トイレシートくらい入れとくのが普通だと思うんですけどね。


子猫

子猫

子猫

子猫

まだ顔も細長いし、よく似てる2匹は区別もつかないくらいですしこれからかわいくなるかな〜と言った感じですね。
まぁ〜体重も順調に増えていますし、健康面は別段問題なさそうなので良かったですよ。


今のところ期待していた電話もありません。
もうしばらく待とうと思うのでまだ書きませんが、言いたいことはお客さんが言ってくれたり、書いてくれています。
非常にありがたいです。
やはりブログは多くの方が見ておられますし、今書けないことも色々あるのでもう少し気長に見守っていてください。


お店は連休後のんびりしていて余裕があるとは言え、来週にはかなり前から話が進んでいた取材も控えていますし、フー君とルカ君のワクチンもあるし、そもそも今週からルリちゃんが来る予定だったのになくなったりと少しバタバタしています。
お店の営業に少なからず影響していますので、できれば猫を置いていった方は出てきて欲しいですね。

いつも応援ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 17:25 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

お店の前に猫が捨てられていました。

5日(土)の4時半くらいのことです。
僕が仕事のためにお店にきたら、店の前に大きなダンボールが置いてあったんです。
その上には1通の手紙。

中には、
『ずい分勝手なお願いですいません

この猫達はお客様にでも里親になってもらって下さい
家の中で飼っている猫です
病気の心配ありません
オス三匹、メス一匹です

当座のエサ代入れておきます

トイレはしつけてあります』

とのことでした。
ついに来たか…というのが本音です。
ある程度は予想していたことですが、実際に起こると焦るものです。


色々思うことはあるのですが、まずは猫を置いていった人に。

どういう事情があるのかはわかりません。
あまりにも情報不足です。
病気の心配がないと言われても根拠がわかりません。
生後何ヶ月なのかもわかりません。
里親を探すことはして、見つからずこんなことをしたのか?
その辺もわかりません。


ただ、当店はあくまでうちの猫ちゃんと遊んでいただいたり、触ったりして楽しんでもらおうというコンセプトのお店です。
お客様は猫に会いに来られるのであって猫を探しに来るわけではありません。
ですから里親募集のポスターを貼ったりはしますが、お手伝いだけです。
何度か頼まれたことはありますが、一度も預かったりしていません。

病気の心配がないと言われても根拠がないので、お店の猫と一緒にできないためお店には置けません。
今は僕の実家で預かっていますが、先住猫が3匹もいます。
もし、今店にいる子達が病気などなんらかの事情で実家に連れて帰らなければならなくなった場合、部屋を分けたり世話のことも考えると居場所が確保できない可能性もあります。


そんな事情もありますので、できれば電話をください。
もちろん匿名でけっこうです。
こちらとしてはとにかく事情を聞きたいですし、責めませんから引き取りに来てください。
まだ間に合います。
こちらも里親を探すお手伝いを全力でさせていただきますから一緒にがんばりませんか?



最後に。
同じことを考えて行動に移す人が増える可能性も考えられるのでこのことを書くのかすごく迷いました。
事実を伏せて里親募集をすることや、どこまで書くのかなど色々考えました。
でもどちらにせよ、同じことがいずれ起きるかもしれません。
だから書きました。


ただ、僕の一貫した考えとしては、見捨てないということです。
僕の両親は今まで捨て猫や病気の猫を何匹も拾っては世話してきました。
そんな姿を見ているので捨てるという考えはまず思いつきません。

ですが、現実問題として、僕は1人暮らしをしています。
当然ペット不可です。
そんな状態なので見捨てないとは言っても1人ではどうすることもできません。
猫の本当の幸せを考えるならきちんと考えて最善の選択をしてほしいと思います。


まだ書きたいことなどもあるのですが、全てを書くと混乱しますし、今後のこともあるので少しずつにしようと思います。
ほとんどの方には関係ない話ではありますし、お店のブログにこのような内容の文章が掲載されることで戸惑われる方もいるかと思いますが、応援していただきたいですし、そのときが来ればご協力いただければと思います。
ニックネーム あんどう(猫カフェ店員) at 23:23 | TrackBack(0) | 捨て猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする